「困った人を助けたい」 創業から受け継ぐ家づくりの基本理念 「困った人を助けたい」 創業から受け継ぐ家づくりの基本理念

私たちが目指している家づくりは、お子様やお孫さんの代まで継承していただける
財産として受け継いでいくことのできる価値ある住まいの提供です。

そして、単に家を建てて終わりの家づくりではなく、
生涯のお付き合いを通じて施主様に真に満足していただけるサービスを同時に目指していきます。

それはオールハウスの基本理念である、
「困った人を助けたい」という創業当時から譲り受けた贈り物を大切にしていきたいからこその思想です。

スタジオモデルハウスのご案内

私たちが大切にしていること 私たちが大切にしていること

将来を見据えた普遍的なデザイン、こだわりの自然素材、心地よい生活を実現できる住空間など、
お客様の人生をより幸せに感じていただくために、住んでからも満足し続ける家づくりを目指しています。

オールハウスの家の特長 オールハウスの家の特長

  • 構造 01

    木造軸組パネル工法
    (ハイブリッド構造)

    しなやかな強靭さと壁倍率最大3.0倍の実力を発揮します。

  • 構造 02

    ネダレス工法

    通常の2倍以上の厚さの合板で高い耐久性を確保します。

  • 構造 03

    制震装置

    万一の地震…その力が集中する接合部の強度を高めることで、在来工法の3倍以上の強度。

  • 構造 04

    ベタ基礎

    家の重さを分散させ、不同沈下を軽減します。

  • 性能 01

    全樹脂サッシ

    全樹脂サッシ標準採用で快適な室内温度を実現。光熱費を抑え、結露も防ぎます。

  • 性能 02

    熱交換換気システム

    第一種の熱交換喚起システムを標準装備。温室を保ちながら常時喚起できます。

  • 性能 03

    発泡ウレタン
    +気密測定

    100倍発泡で、高気密高断熱を実現。

  • 性能 04

    優れた断熱性能

    東北地方(3地域)の省エネ基準UA値(0.56)をクリア。快適で健康に過ごせる断熱性能の高い家になりました。