ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2021/08/28
  • 家づくりのこと

グリーン住宅ポイントの期日が迫ってきています!

こんにちは!

本日は、残り期間が迫ってきております新築住宅のグリーン住宅ポイントの話を少ししていきます。



まず皆さんももう既にご存知の方も多いかとは思いますが、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度としてグリーン住宅ポイントが施行されなすた。このグリーン住宅ポイントは重要なものとして大きく3つのポイントがあります。

ポイントその1:適応要件によってポイント数が違うということ!

ポイントその2:申請期限に注意が必要ということ!

ポイントその3:追加工事として充当する、又は商品とポイントを引き換える2パターンあるということ!


削ぎ落すと上記3点となります。

早速内容に入っていきますが、ポイントその1の適用要件についてザックリ見てみると、新築住宅を建築、又は購入される方が対象となり、お施主様/購入者が1度だけ申請できるものとなり、適用要件次第で30万ポイントから100万ポイントまでもらえます。

適用要件としましては、「認定長期優良住宅」「認定低炭素建築物」「ZEH認定」「性能向上計画認定住宅(増改築)」、の場合は40万ポイント、日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の住宅の場合は30万ポイントとなります。
※更に三世帯同居や、災害リスクが高い区域からの移住などで加算ポイントがあります。詳細はご相談ください!



上記の認定通知書があれば、該当ということになるわけですが、ここでポイントその2、申請期限にも注意が必要です。申請期限は2021年10月31日です。

ただし!!

この申請期限に申請書類として、上記認定通知書が必要になりますので、上記に該当する認定通知書の発行にどのくらい時間を要するかなどについては各建築会社さんや工務店さん、建売住宅会社さんに確認するなど、充分に注意がいります。ここは押さえておきましょう。

そして、ポイントその3は「追加工事に充てる」又は「商品と交換」の2パターンあるということです。

追加工事に関しましては、『「新たな日常」に資する追加工事』や『②防災に資する追加工事』の2つに大別されますが、その中でワークスペースの設置や、空気環境向上工事、水害・台風対策など、様々な要素に合わせて工事の追加部分に使用することが認められています。

詳細はコチラ

商品の交換に関しましては、自転車、家電、食べ物など、様々な商品から選べれますので、下記をご参考ください。

交換商品を探す

このグリーン住宅ポイントについて、お施主様や新築住宅の購入者(契約者)が勿論申請できますが、建築会社や工務店が代理で申請することもできなくはありません。依頼する場合は手数料が発生してしまい、ポイントをまるまる得られないケースもありますし、申請に伴い、証明書の発行手数料などがかかる建築会社や工務店もあるはずですので、そのあたりにも注意が必要ですね。

せっかくのグリーン住宅ポイント、残り期間も少なくなってきておりますが、実施状況次第では早期打ち切りという事もあり得ますので、早めにポイントの入手に動いていきましょう! では!!

~今日の畑~
きゅうり・レタス・とうもろこし を蒔きました!





きゅうりはいい感じ!



トウモロコシも目が早いですね!



レタスは調子が悪いのかな?

順調に進んでおります!
次回もお楽しみに!!(*´з`)