ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2021/11/19
  • 家づくりのこと

冬の家づくり

こんにちは!住宅アドバイザーの富川です。

ほんとに最近寒いですね・・、寒すぎて家で鍋料理ばかりでてきて、若干嫌になってきました・・・。

本日はそんな寒い冬の期間で家づくりするのってどうなの?をテーマに書いてみました!



とはいえ、「寒いとなかなか外に出るのも嫌になるし、休日は暖かい炬燵の中でゴロゴロしておきたいよ」と、そんなお声が聴こえてきそうですが、住宅アドバイザーの私からすれば、

冬だからこそ家を観に行きましょう!

と言いたい!!

なぜなら・・・。

皆さんはだいたい暖かい春か、気分が開放的になる夏に外に出て住宅展示場などをまわり、だいたい春頃から住み始める方が多いですが、住宅性能を体感できる一番の季節は冬です!!

夏はどれだけ外が暑かろうと、近年の標準的な住宅性能であれば、とりあえずお客様の来る30分も前にエアコンをつけていればいくらでも涼しくすることはできます。

しかし冬は夜間エアコンをつけっぱなしにしていない限り、断熱性能やサッシがしっかりとしていないと朝一で打合せの際に、一晩で冷え切った床が温まりきってないこともあり、メーカーの性能が良く分かります

家づくりの際は実際に体感することがなによりも大事です。特に注文住宅はゼロから造り上げるので、大半がイメージの話になります。ですので、実物を観れたり、体感できたりするチャンスがあればぜひ活かしてくださいね。

冬は各メーカーにより、様々は性能で対策をしています。あるメーカーは床暖房だったり、また他のメーカーは全館空調システムを採用したりして、住み心地を確保しています。

オールハウスでは、高い断熱性能と、高性能のサッシを採用することはもちろん、床に無垢材を採用することで、フローリングとは違って冬でも底冷えすることもなく、漆喰を壁に採用することで乾燥する冬でも調湿効果で家を乾燥から守ってくれます。

その他にもいろいろな性能が備わっています。一生の買い物ですので、寒い冬でもぜひ実際にモデルハウスで体感されてみてください!!



さて、ここからは告知ですが、11月28日にマリーナホップの弊社のモデルハウスで、Xmasリース教室を開催します!参加料はおひとつ500円ですが、コロナ対策もしっかりしたうえで完全予約制で行いますので、みなさんぜひご参加ください!

イベント詳細はこちら!