ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2020/05/28
  • 家づくりのこと

こんな時だからこそ

どうも、三宅です。

広島県で緊急事態宣言解除後の休日に近所のスーパーに行った際、『献血』の文字を発見。
緊急事態宣言中は「不要不急の外出を避ける」という事で、献血行為自体が減少し血液不足しているというニュースを以前テレビで見ました。
私自身、10代・20代の頃はよく通っていましたが、最近は全くしていなかったのでこれも何かの縁だと思い、社会奉仕の一環で久しぶりに献血しました。

『献血カード』を持参していませんでしたが、過去履歴を元にデータを更新してもらい今回で累計『20回目』でした。ただし、前回は5年前。
・・・だいぶサボってる感じがします。
5年間の間に採決までの流れにもデジタル化が進んでいる様で、血圧測定や血液の濃さを調べてもらうには医師の方や看護師さんが対応されているのは今までと変わらず、問診がタッチパネル式に代わっていたことに少し驚きました。

参加されていた方々はマスクをされ、老若男女関わらずガラガラに空いているというわけでもなかったですが、割と早く順番が回ってきました。
採血中に足の運動方法について書かれたチラシを見ながらやってみましたが、スペースが狭いのか足に力が入らず断念。
採血終了までは体感時間で10~15分程度。あっという間ではないですが、すぐに終わった感覚です。
普段やらないことをやる事でリフレッシュ感が増し、しかも社会貢献できていると実感できるのが献血だと思います。

これから徐々に催し物やイベントなどが企画され今までと全く同じとは行きませんが、普段の生活に戻れる日が来ると思います。
オールハウスでも状況判断しながらイベントなども対策を講じた上で行っていきますのでもうしばらくお待ちください。

そういえば、献血20回なので記念品もらえるかと思って調べたら、次は30回目でした。
10回、30回、50回、70回、100回 毎に記念品贈呈があるみたいです。

では、また。