ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2020/10/01
  • 家づくりのこと

正しいメンテナンス方法

こんにちは。三宅です。
今回は、オールハウスオリジナルの漆喰の掃除方法をご案内します。

先日、マリーナホップモデルで壁にコーヒーがかかってしまうアクシデントが発生。



初期対応で上澄みの部分を拭き取りましたが、ご覧の有り様。
その後、漂白系洗剤にて染み抜きを行ったところ…



塗れているため分かりにくいですが、コーヒーの色素成分(茶系)が残っている様子。

私が漆喰を施工されたお客様にお伝えしている方法で細かい色素の染み抜きを行いました。

。。
。。。
普段お伝えしている方法は、『漂白系洗剤を吹き付け、(食品用)ラップを張って湿布効果が汚れを浮かして、濡れ雑巾で叩き落して下さい。』っとお話していますが、この方法が間違えてました。

誤った情報をお伝えしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

というのも、作業工程自体は間違えていないのですが、洗剤を吹き付けてもラップが壁に付かない事が発覚!
ラップの性能なのかもしれませんが、湿布効果が期待できない事が分かりました。
そこで、近くにあった紙類で代役を立てたところすこぶる調子が良かったです。

それ以外にも、作業工程の順番を変えるだけで効率も上がりました。



まずは、汚れた箇所に紙をあてます。



次に、漂白系洗剤(泡タイプ)を紙に吹き付けます。



まんべんなく染み込ませます。
この状態で、30分程度放置。

。。
。。。
紙を剥がして、濡れ雑巾で叩きながら落としていくと、色素が落ちています。
残る場合は、もう一度同じ工程を行います。

作業後、しばらくの間自然乾燥をさせた結果がこちら



撮影した時間が良くなかったと思いますが、最初の画像と比べると白さが違います。

どうしても色素が残る場合は、最終兵器のヤスリがけをしてみてください。

湿布効果を期待する紙類としては、コストと洗剤の浸透性の高さからティシュペーパーが一番良かったです。
紙に厚みがあるものは、洗剤の量が多くなりやすいのでお勧めではないです。

漂白系洗剤以外にも重曹スプレーも同様の効果があるようです。
重曹スプレーの手あかや油汚れに効果が高いので、両方準備されておくことをお勧めします。

漆喰に付着した液体系の汚れは、如何に早く落とすかが重要です。
どうしても落とせない場合は、オールハウスのアフター課へご相談お待ちしております。

では、また。