ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2020/04/28
  • 家づくりのこと

生活


おうち時間をいかがお過ごしでしょうか?
 
家で過ごし、生活が出来ているのは、大変な時期にも関わらず生活を支えてくれている様々な業種の方や、家で過ごすためのエンタメを提供してくださっている方々、そして医療従事者のおかげでしょう。
本当に感謝申し上げます。
 
僕たちにできる事は何か?
 
こんな時期だからこそではないですが、今こそ助け合い、尊重し合える時代を一緒に考えていくことが大切だと感じています。
 
そこで、様々なサービスや支援を紹介させて頂きたいと思います。
 
1.新型コロナウイルス最前線の医師・看護師への食事支援「WeSupport
 
長期化する新型コロナウイルス感染症の予防や治療に、多くの医療従事者が昼夜を問わずあたられている現状があります。肉体的にも精神的にも極度のストレス状況にある医師・看護師の方々を食を通じて支えるべく、物資支援をワンストップで行う「WeSupport」を設立しました。
 
広島でも近日緊急事態宣言で仕事がなくなってしまった生活困窮者などに向け、食品や生活雑貨を無料で配布する取り組みが来月行われます。新たにフードバンクを始めるのは、今月中にNPO法人になる予定の市民団体で、会社員や教員など約20人がボランティアで活動しています。
 
来月10日には広島市内で県内の農家から寄付された米や一般住民から集めた食品などを無料で配布する予定です。新型コロナウイルスにより生活が難しくなってしまったホームレスやシングルマザーなど幅広い人たちを対象としています。今後は県内企業から商品提供を受けて活動し、クラウドファンディングで運営資金を募るということです。
 
2.みんなで支え合い!「ひろしま飲食店未来チケット」
 
新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥っている広島の飲食店を応援し、街の活気を取り戻そうという目的で、有志である広島飲食店未来チケットグループによる「ひろしま飲食店未来チケット」という活動が始まりました。
 
この活動では、今お店に行けなくても「将来食べに行く」ことを想定し、前払いでチケットを買うイメージで、1枚2,000円のチケットを参加店がそれぞれ発行しています。
 
チケットを購入した人は、店が廃業しない限り無期限で使うことができます。チケットの販売で集まったお金は各店の当面の運営資金となるため、お店に行けない現状でも、応援できます。詳しい制度はURLより、ご覧下さいませ。
 
3. ホテル事業者様向け「未来に泊まれる宿泊券」販売サービスを開始「CHILLNN
 
「HOTEL SHE,」などのホテル運営を行う株式会社L&Gグローバルビジネス関連会社の株式会社CHILLNN(代表取締役:龍崎翔子)は8日、ホテルの「未来に泊まれる宿泊券」を購入できるサービスを開始しました。
 
新型コロナウイルスの影響を受け、休業せざるを得ないホテルが日に日に増える中、同じホテル業界にいる弊社として、少しでもこの危機を乗り越えるための協力がしたいと考えました。
 
ホテルごとの予約サイトにて、準備された「未来に泊まれる宿泊券」を購入できるというシンプルなサービス。宿泊券の販売価格はホテルごとに異なります。
 
いつか旅に出る日のために、未来の予約をする仕組みです。この機会に妄想しながら未来計画をたてるのはどうでしょうか?グーグルマップに旗を立てていくとより、楽しいですよ。
 
4. #SaveTheCinema
  
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、政府の要請を受けて映画館の上映自粛が広がっていますが、特に小規模映画館(ミニシアター)は存続の危機を迎えております。このまま緊急事態宣言が出されたら、閉館せざるを得ない映画館も出てくると思われます。映画は人に観てもらって、初めて完成すると言います。
 
そういう意味で、映画館は、映画と観客を結ぶ架け橋、映画という表現の最前線なのです。それをどうしても守りたい。その想いから、この度有志の呼びかけ人、賛同者により緊急支援を求める要望書を作成しました。change.orgによる賛同者の募集、政府への要望書提出、クラウドファンディングなどを活用した具体的な施策を断続的に実施していく予定です。
 
またすでにスタート準備に入っている「ミニシアター・エイド基金」とも連携しこの困難な状況を打開すべく総力をあげて活動してまいります。つきましては、一人でも多くの方に署名に加わっていただきたいと思っています。映画の制作、配給、上映のみならず、映画文化に関わり「ミニシアターを救いたい」という思いを共有できる方であればどなたでも参加いただけます。
 
全国のミニシアターを救うため、是非ご協力をお願いいたします。
  
5. 「MATTER OF CORONA」NEUT Magazineの緊急新連載
 
コロナ危機のなか、世界中でたくさんの人がアクションを起こしています。そんな人々へのサポートの気持ちを込めて、新連載「MATTER OF CORONA」を始めました。
 
イラスト、グラフィック、写真、映像、音楽、詩など作品のフォーマットは問わず、たくさんの人のアクションを、毎日更新を目標に紹介していきます。
 
公募も受け付けています。国内外も問わず、知名度も問いませんので、プロフィールのリンクにある応募フォームより気軽にご応募下さい!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は5つ程紹介させて頂きました。他にもたくさんのアクションは日々あります。

建築・不動産が自分たちの街に出来る事、これからのサービスの在り方を考え、この時代を一緒に生きていき、共有していけることを目指し、取り組んでいきたいと思います。

最後に僕の最近のフェニミンな夜の過ごし方の一枚の写真と、今読んで欲しい廣島スタイロでの映画監督宮川さんの記事を添えて。

・廣島スタイロNo. 19リレーションホワイト
・フェニミンな一枚