ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2021/03/13
  • アフターのはなし

外壁補修やってみました!

どうも、三宅です。

広島の桜が全国一番に開花した様です。

いよいよ春到来ですね。
自宅のこたつをそろそろ片付けようと思っています。

今回は、タイトル通り『外壁補修』を行いました。
長くなりそうなので、2回に分けさせてもらいます。

今回対応させていただいたのは、安佐北区のY様邸。
外壁(左官塗り仕上げ)の窓際のひび割れ補修です。

事前にお伝えしたいのは、補修は年数が経過するほど補修部分と既存部分の色が異なります。
長期的に見たら、同じような風合いにはなりますが、必ず一緒になるとは言えません。

Y様に説明をさせてもらって上で対応しました。


Before:補修前です。


ひび割れ部分をV字に削ります。


マスキングテープを貼り、汚れを落とした状態です。


刷毛を使って、シーラーを塗ります。


シーラーを乾かした後に、変成コーキングで充填していきます。
今回は、仕上げのために「変成」を使用しています。


マスキングテープを剥がして、コーキングを乾かすためにしばらく置いておきます。

見ての通りこの時点で、色が異なっています。
最終的に補修完了しても、この色の違いは変わりません。

玄関正面ではない面は、ご家族の方以外の方からみられることはないので、このような補修方法で対応できます。
築年数・補修面によっては、有償対応にて塗り替えする必要がありますので、気になる場合はご連絡ください。

次回は、仕上げまでをお伝えいたします。
では、また。