ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2021/03/22
  • アフターのはなし

は-る-よ~

こんにちは、アフター金子です。

とうとう(?!)緊急事態宣言が解除された日本ですが、皆さんご健勝でしょうか。
去年はこの時期に1回目の宣言が出せれた頃でしたねぇ。
1年経ってコロナに対して何か大きく変わったんでしょうか、

昨日のニュースでは東京で解除前に大勢で外で飲食している映像が流されてました。
コロナ疲れと言ってはいましたが、みなさんはどの様な感想をおもちでしょうか。

大勢で飲食といえば、お花見ですよね。
去年もできず、今年もできそうにないですが、
素通りというか、歩きながらの花見なら迷惑もリスクも少ないかな
と思っている今日この頃です。(※要マスクですね)

さて、
本日は、先日作業させてもらいました事を載せてみようと思います。

ウッドデッキの屋根に波板を葺いているお客様から葺替えの相談を頂きました。
年月が経って波板が変形してきたとのことでした。

波板にも 塩ビ・ポリカ・鋼板 と種類がありまして、
・塩ビは安価ですが対候性が弱く(日差し有)
・ポリカは塩ビに比べると対候性は強い(日差し有)
・鋼板は樹脂製品より対候性はありますが熱を帯びるし要塗装(日差し無)
と、用途によって使い分けを考える必要があります。

今回は、日差しが欲しいとの事で塩ビでのご希望だったのですが、少し高くなりますがポリカをお勧めしました。
やはり塩ビに比べて、
・対候性が高い事
・熱線反射機能もあった事
で、オススメしました。結果、ご納得頂けて、工事も頂けて嬉しかったです。

作業の様子の写真です。
作業前より少し伸ばして屋根をかけるので下地を追加する準備中


伸ばすための下地材にそれを支える下地材


波板を取付ける横桟を追加して波板をはります。


今回はここまで、このあと、塗装して樋をつけて完了です。
次回、ご報告できるかな?!

いろんな事のご相談にのりますので、お気軽にお声かけ下さい。


では、また、、、