ブログ

モデルハウススタジオのご案内
  • 2021/05/08
  • アフターのはなし

防音対策

どうも、三宅です。

ゴールデンウィークという、長い連休。
皆様有意義にお過ごし出来ましたでしょうか?

私は、実家に帰ることもなく、ゴロゴロして過ごしていました。

今回は、安佐南区のN様邸にて内窓工事をさせていただきました。

事の経緯としましては、N様のお宅の一室でピアノを弾くために〈防音対策をされたい。〉っという、ご依頼でした。
内窓は、サッシメーカーさんが扱っている商品で、2メーカーさんの商品をご提案させていただきました。

何度か打ち合わせを重ねた結果、メーカー・商品が決まり、今回の工事で一番重要な防音性の話になり、ショールームで体感していただき、ご納得していただいた結果、工事に至りました。

内窓取付工事ですが、事前にメーカーに現地確認してもらっていることもあり思っていたよりも短時間で終わりました。


↑内窓取付前の状態です。
カーテンなどは付いていても問題ありません。


↑既存の3方枠+床に樹脂製の四方枠を組んでいきます。


↑その四方枠の中に窓(ガラス)を設置して完了です。

窓の大きさや種類によって異なりますが、こちらのタイプ(W1600×H2000相当)だと、30分程度で終わりました。
今回の工事は、このタイプの窓以外に縦辷り出し窓が2か所ありましたので、全部で1時間~1時間半程度かかりました。また、この1か所で約9~10万円位です(商品+取付費)。

既存のお部屋に防音対策を施す場合は、今回の内窓以外に様々な対策を講じることが出来ますが、決して安い工事ではありません。範囲が広がれば広がるほど工事期間も長くなっていきます。
個人的な考えとしては、完全な防音を行う場合は、その部屋を吸音性の高い商品等で覆うことが一番だと思っています。
しかし、その商品自体が安くはありません。だからこそ、予算に見合う範囲で〈どこまでできるのか?〉という事が重要になります。

それと、今回の防音対策工事ですが、この内窓だけではございません。
別の機会に、もう一つの防音対策工事をご紹介したいと思います。

では、また。