ページトップへ

ナチュラルな優しさに包まれて | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

ナチュラルな優しさに包まれて

外回りはまだ工事中!(笑)。自分たちでぼちぼちやっています。なかなか進まないけれど楽しいですよ。先日もご近所の人に『この煉瓦、どこで買ったの?』と訊かれて、いろいろ教えてあげたらネギをくださったんです。早速庭の家庭菜園に植えました。

 

1階はリビング、ダイニング、キッチンがひと続きになった、間仕切りのない空間です。間取りは私が考えました。たくさん本を読んで、ずいぶん勉強しました。私はものをつくることが好きで、建てられるものなら自分で建てたかったくらい(笑)。いろいろな意味で“明るい家”にしたかったのですが、オールハウスさんはそんな私の要望にとても真摯に応えてくれました。大手のハウスメーカーなどでも要望には応えてくれますが、その分だけ価格にはね返ってくるでしょう?その点で、オールハウスさんは私たちのやりたいことをよく理解してくださる上に、価格的にも納得できた。その上構造材を見ても、内装材を見てもオールハウスさんはワンランク上。私も仕事柄、そのあたりのことはわかるので、安心してお任せすることができました。

 

キッチンだけは、妻のこだわりが最優先されました。どうですか、このアイランドキッチン。なかなかいいでしょう?じつはキッチンカウンターは妻の手づくりなんです。自分の背の高さや使いやすさ、動線などを考えると、既製品では合わないらしくて、通っている木工教室の先生に手伝っていただいて、手作りに挑戦しました。大工さんにもチェックしてもらいながらの作品は、なかなかの出来ばえ。何より使いやすいところが気に入っているようです。

 

だいたいキッチンって、使う人に合わせたつくりになっていない場合が多いんですね?女の人が長い時間を過ごすのに、何だか変ですよね。妻は何センチ何ミリのところまで大工さんたちに注文を出していましたが、毎日のことを考えると、それも尤もだと納得させられました。あと、妻が気に入っているのがラジエントヒーター。威力が強い上に長時間余熱が残るので、煮物などに最適なのだそうです。省エネにもなるし、電磁波過敏症の人にも対応していて安心なので、とても喜んでいます」

 

 

木のぬくもりと遊び心があるオールハウスさんの設計は、モデルハウスを見に行った時から気に入っていました。どこで家を建てようか迷っていた時に友人がオールハウスさんで建てて、『すごくいいよ』と言っていたのも追い風になりましたね。オールハウスさんがこだわっている自然素材には、私はあまり興味がなかったのですが、『そう言えば展示場に行くと目が痛いのに、オールハウスさんの家にはそれがないな』と、あとで気づきました。妻の方は興味があったようで、子育てをしていく上でも安心と言っていました。そして何より住んでみてわかったのが、圧倒的な住み心地のよさ。

 

以前住んでいたアパートでは、冬、ファンヒーターに電気カーペットを敷いても寒くて、『どこか暖かいところに行きたいね』と言っていたのが嘘のようです。お風呂から出ても急いで服を着なくてもよくて、ほっとくつろげる。これはちょっと口では言えないほどの心地よさですよ」

オールハウスさんと出会った時にはまだお腹にいた子が、こんなに大きくなりました。家をつくるという一大イベントの中で、『もっとこうしたかったな』と思うことは正直ありますし、『なぜこれをしてくれないんだ』と憤りを感じたこともありました。でも私はオールハウスさんを選んだことを後悔してはいません。何故なら本気の私に対してオールハウスさんも本気で応じてくれたから。

 

この“本気の勝負”という部分が、ものをつくる上ではとても大切なことだと思います。人間のすることですから完璧はないのです。だからこそ完璧をめざして努力する値打ちがあるのではないでしょうか。私はこれからもオールハウスさんが発展することを心から願っていますし、常に口うるさい(?)応援団の一人であり続けようと思っています」