ページトップへ

パッシブデザインの教科書みたいな家 | 設計と土地のプロとの家づくり | オールハウス一級建築士事務所

パッシブデザインの教科書みたいな家

パッシブデザインとは、太陽光や風などの自然エネルギーを利用して快適な住まいづくりを目指す設計手法のことです。

壁を極力なくした開放的な間取りは6畳用エアコン1台で家全体を快適な環境に。

オープンな空間は常に家族の気配を感じることができます。

大きなダイニングテーブルは食事だけでなく、勉強、仕事、読書など生活の中心に。

高い断熱性能、夏季の日射遮蔽、冬季の日射取得、中間期の通風を考えられた日中に照明の必要がない明るい間取り。

木仕上げの外観はとてもナチュラルに仕上がりました。周りのお家と比べてもひときわ目立ちます。